整骨院の離反理由

離反、お客様が離れることより怖い
嫌われてしまうこと。

整骨院に訪れる方はには理由があります。

・打撲や捻挫などの急な痛みの早期改善。
・四十肩や首の違和感、腰痛などの改善。
・骨盤矯正や体の歪みを定期的なメンテナンス。
・スポーツや体を使う仕事で定期的なメンテナンス。

など
さまざまです。

整骨院のかずは、コンビニより多いと言われ
競争が激しい業界です。

保険を扱う整骨院では
広告やPRなど集客にも制限があるため
セールや割引などの広告を出す事ができません。

そこで一度来院下さった方の離反対策が大切になってきます。

離反対策は、早めの方が効果的です。
ただ、痛みの改善を目的とする方が
しばらく来ないからと言って
アプローチをすると
逆に嫌われてしまう可能性があります。

来ない理由は、痛みが改善したからで
通う必要がなくなったからかも知れませんね。
人それぞれ、通う理由も止める理由も違うので
嫌われないアプローチを考える必要があります。

定期的に通われていた方や
新規で矯正施術で来られた方が
しばらく来られない時は
来院につながるアプローチが必要です。


人は、習慣で行動します。
行かなくても大丈夫が続くと
行動につながりません。

表面上は、傷まなくて良かったように思いますが
体の歪みや繰り返す痛みは
その人の癖や習慣によるものが多く
痛む前に定期的なメンテナンスが必要だと言われますね。

同じように、定期的に来院してもらうためにも
通う、足を運んでもらう習慣が重要になります。

一度離れてしまうと
別の整骨院を選ばれる可能性もありますから
でも、やり過ぎには注意が必要です。
離反対策の前に、嫌われない事も大切になりますね!

思い出してください。
なぜ整骨院を始めたのでしょうか?
手に職をつけるために学校に通ったから?
それとも親の事業を引き継いだから?

どんな理由にしても
誰かの痛みや悩みをお聞きして
施術を行う仕事です。

来て欲しいターゲットを誰だと考えていますか?
・痛みで困ってる人?
・頻繁に来院してもらえる富裕層?
・スポーツ中心の人のサポートをしたい?
・誰でも良いからたくさん来て欲しい?

悩んだ時は、来店された方の顔を思い出してください。
競争が激しい業界ですから
今までやってこれた理由と取り組んだ事を思い出してください。

コンビニより多い整骨院、競争が激しい業界です。
一度選んでいただいた方をより大切に
健康で活力のある生活が送れるサポートができると
お互い喜ばしい事ですね。